重度認知症患者デイ・ケア

重度認知症患者デイ・ケアとは
精神症状および行動異常が著しい認知症の方の精神症状の軽減および生活機能の回復を目的として います。精神科専門療法のひとつであり、重度認知症患者デイ・ケア料として算定されます。
医師の診察を経て、「認知症である老人の日常生活度判定基準」がランクMに相当すると判断された方が利用可能となります。






杜のホスピタル・あおばのデイ・ケアの特徴
認知症の治療は、大きく分けると“薬物療法”と“非薬物療法”の2つに大別されます。そしてデイケアでは主に非薬物療法によるケアを行います。当デイケアでの非薬物療法とは、集団・個別活動、健康管理、食事・入浴・排泄などの必要な介護全般をそれぞれの方の状態に合わせて提供することで、ご本人の心身の安定を図り症状の軽減および安定に努めます。またそのためには、ご家族の認知症への理解や対応なども重要です。困っていること、不安なこと、どうしたらいいかわからない、などご家族の悩みや相談にも随時対応させていただきます。
また、当デイケアでは看護師、介護士、作業療法士、精神保健福祉士などの専門職が協働してご利用者の方々のケアを行います。

特徴のひとつに、作業療法士が中心となってプログラムした集団活動の時間は午前も午後も設けてあり、毎日プログラムの内容も違います。その中でも特に、運動療法と位置づけている運動ゲームの時間はほぼ毎日あります。もちろんそのほかにも 作業活動、嚥下体操、園芸活動、管理栄養士指導のもとに行う調理活動、外出活動、音楽療法士による音楽療法、外部講師によるアートセラピー動物介在活動など毎日様々な活動があります。電動サイクルマシンによる下肢の運動やマッサージチェアも利用者の方々に人気です。
病院としての特色である様々なイベント(クラシックコンサートや山形舞子、お茶会など)が多いのもその一つです。







当院のデイ・ケアを利用するまでの流れ
   
通所手続き デイケアの相談員により聴き取りや面談をさせていただきます。その後当院外来を受診していただき、医師の診察を経てデイケア利用開始という流れになります。ご利用に際しては「利用同意書兼契約書」にご記入いただきます。
利用日 月曜~土曜(日曜は応相談) 祝日も通常通り実施しております。(年末年始休業 12月31日~1月3日)
利用時間 送迎車は8:30~9:00頃に当院を出発しお迎えに参ります。当院の車両は病院名などが記載されていないのが特徴です。16:00頃に病院を出発してご自宅までお送りします。
送迎範囲 厳密な範囲は設けておりません。その都度ご相談となります。
利用料金 当デイケアは医療保険の対象です。介護保険にかかわらず利用可能です 
保険の負担割合に応じて一部負担金(利用料金)が異なります。おおよその1回の料金は下記のとおりです。
1割負担:1,110円 2割負担:2,210円 3割負担:3,320円
* 昼食代は上記金額に含まれます。
* 薬を処方した際の薬代や処置代などは別途医療費がかかります。
私費 ① 入浴代:500円/回 ② おやつ代:100円/回(税別) などは私費の取り扱いとなります。
体験利用 送迎、食事など通常の利用と同じような形で1日体験利用(実費800円)もできます。(入浴は利用開始後から)
お問い合わせ 受付時間 8:30~17:30 TEL:022-718-8871(当院代表番号となります)
見学も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。