当院の概要・沿革

平成16年9月1日 杜のホスピタル・あおば 開院(99床)
         精神科病院(認知症に特化)
         事業所内保育園(太陽の子保育園)を併設
         重度認知症患者デイケア

平成17年7月1日 医療法人社団 初心会 杜のホスピタル・あおば となる。

平成19年1月1日 杜のホスピタル・ケアプランセンター、杜のホスピタル・デイサービスセンター(小規模通所介護事業所)を開所

平成26年10月1日 グループホーム みたき(認知症対応型)開所

平成27年3月31日 杜のホスピタル・デイサービスセンター 休止

平成28年3月31日 杜のホスピタル・デイサービスセンター 廃止

平成16年に開院当初より、当院は急性期の病院と在宅(施設)との中間にあって、社会的役割を伝えるように開放病棟・身体拘束・行動制限をしない病院を目指してきました。患者の人生の一部分に関与させていただくことの重みを感じながら、その人らしい生活を送れるように患者とその家族に接することを目指してきました。

法人理念の「自分がして、されて納得できる医療福祉サービスの提供」を目指して日々スタッフ一同努力をしております。

つまり”自分が入院したい(入居したい・通院させたい)病院を目指しております。